ページトップへ

季節感 | ブログ | 注文住宅 島根県出雲市 小林建設 家 工務店

スタッフブログ

 
大学病院内の厨房改修工事も終わり、校内の桜の木も花芽がふくらみ始め、いっせいに咲き始める準備をしています。

この時期は、一年の内でも一番暖かみを感じる季節です。

この前、ショッピングセンターで珍しいものを目にしました。

陳列台の数ある魚のコーナーで、この辺りでは初めて目にするものでした。(少なくとも私にとっては)

それは“ニシン”です。

あの歌にもうたわれていた「ニシン漁」の魚です。

寒い北海の地に以前は大量に押し寄せて来ていた魚です。

京都に居た頃は、うどん屋さんなどで「そば」の上にのせて出てくる「にしんそば」はよく食べたものですが、この生魚・・・いわゆる鮮魚として店頭に並んでいるのを見るのは初めてでした。

確か、大田沖産となっていいたので、島根県近海で獲れたということなのでしょう。

最近は「あじ」も何だか一年中店頭にあるようだし、海水温が高いのか低いのかわかりません。

いずれにしても、店頭に出る食材は季節感が薄らぎ、どの時期に盛りとなる食材かわからなくなりました。

こんな時代になっても、自然の大地を住み家とする植物・・・とりわけ『桜』は季節を知らせて、日本人に心をとらえて離さないものなのでしょう。
2009年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー