ページトップへ

苦悩の改革 | 注文住宅 島根県出雲市 小林建設 家 工務店

温故知新

苦悩の改革

兄のような大工たちとの
つらいやりとり

そんな私が、とてもつらい決断を迫られる日がやってきました。東京の大手ハウスメーカーで設計を勉強後、地元に帰って会社を継ぐべく修業していた矢先、父が病気で亡くなったのです。平成9年、私が32歳の時でした。そして、その父の後を追うように母も亡くなってしまいました。

ちょうどその頃、時代はバブル崩壊後の低迷期を迎えていました。このままでは共倒れになってしまう。そう考えた私は苦渋の選択をしました。大工たちに、それぞれ独立してくれるよう頼んだのです。

15、6歳の頃から小林建設で暮らしてきた大工さん。私の父と母のことを、じつの両親のように思っている彼らは、私のことも弟のように思ってくれていたに違いないのです。この人たちに会社を出てくれと言わざるを得ないことのつらさ。小林建設しか知らない大工たちに、自分の足で歩いてくれと告げるのがなぜ私なのか。この時期、私は大工さんの誰かに殺されても仕方がないというような、突拍子もないことさえ考えました。それくらい、私たちは切っても切れない関係だったのです。

でも、私がめそめそしているわけには行きません。小林建設は決してみんなを見捨てるわけではないこと、仕事は従来通りしてもらえるように、最大限努力することなどを根気よく説明し続けました。また、大工たちも、祖父や父が手塩にかけて育てあげた職人です。独立したと聞いて、仕事の依頼も多く、状況は徐々に落ち着いていきました。

いまでは、私たちが声をかけると、全員が気持ちよく集まって仕事をしてくれる、いい関係になっています。

  兄のような大工たちとのやりとり兄のような大工たちとのやりとり兄のような大工たちとのやりとり

 

次は"夢ハウスとの出会い"

温故知新