ページトップへ

幸せが続く家をつくりましょう | 注文住宅 島根県出雲市 小林建設 家 工務店

幸せが続く家をつくりましょう

幸せが続く家をつくりましょう

建ててからが
『夢ハウス』の本領発揮です

夢だったお家ができました。さあそこからが小林の『夢ハウス』の本領発揮です。

まずは床。夏はさらっと気持ちよく、冬はほんのりと暖かいはず。無垢の木が生きて呼吸をしている証拠です。これがフローリングの床だとそうは行きません。

そして、家の中の空気が、なんとなく爽やかだと感じませんか?床下に敷き詰められた炭が湿気を吸着し、マイナスイオンを放出しているせいです。

この住み心地のよさは、すべて自然の恵みが醸し出すものです。炭ももともとウバメガシという木を焼いてつくられたものですから、木がいかに人を癒すかということが、おわかりいただけると思います。そして、この空気環境のよさは、冷暖房費をあまりかけずに済むという、うれしい結果にも結びついています。

桐のクロゼットや下駄箱も、一見贅沢なようですが、消臭剤も要らず、中に入れたものが湿気る心配もしなくていいのです。主婦にとっては、ストレスと手間がおおいに省けます。

 

小林の家は
“幸せが永く続く家”

もうおわかりですよね。小林の家は"幸せが永く続く家"。住めば住むほど、「ああ、夢ハウスにしておいてよかった」と言っていただける家です。これから家をつくろうとされている皆様には、ぜひ長く住むことを念頭において、最初の満足がだんだん薄れていくのではなく、むしろ強くなっていくような家づくりをめざされることをお勧めします。

建ててからが本領発揮建ててからが本領発揮建ててからが本領発揮

 

 

interviewインタビュー

VOICE
小林建設が選ばれる理由

お客様 出雲市T様

家がこんなに気持ちのいい場所になるなんて…

小林さんのモデルハウスをはじめて見て「惚れた」って主人が言ったんです。でも、木の家って、正直高いですよ。どこかで妥協しないと…と私は現実的だったけど、主人は「こういうのでないと、どうしてもやだ」って(笑)。それでついにこのお家を手に入れました。

もううれしくてうれしくて。とっても陽当りがいいし、風が通っていくのね。夏もあまりエアコンを使いません。気がついたら床に誰かがごろんと寝転んでて(笑)家がこんなに気持ちのいい場所になるなんて、思ってもみませんでした。

木の家に暮らすしあわせ

お客様 出雲市T様お客様 出雲市T様