ページトップへ

本物の木で建てましょう | 注文住宅 島根県出雲市 小林建設 家 工務店

本物の木で建てましょう

本物の木で建てましょう

清々しくやさしい家を
無垢の木でつくる

出雲から車で約2時間、どっしりとそびえる大山のふもと、米子市淀江町に『夢ハウス』の木材を扱う、(株)ミヨシ産業様があります。

5500坪という広大な敷地には、西日本中から集められた材木がいっぱい。小林建設が建てる家の材料は、ここからやってきます。

小林の家づくりに使う木材は、一般的に流通している住宅建材よりも、含水率が低いのが特徴。よく乾燥させた含水率が低い木は、収縮率も低くなり、狂いや割れが少なくなります。また、カビも発生しにくく、シロアリにも強いという利点も兼ね備えています。

ミヨシ産業様の最新の乾燥技術は、木を含水率10%以下にまで乾燥させることが可能。20%以下が住宅建材のおよその基準ですので、その半分ということになります。

これらの無垢材を構造材として使うほか、天井や床に配して、清々しくやさしい木の家を、私たちはつくり上げていくのです。

 

材料選びは慎重に。
それが小林の伝統

どんな材料を使うかは、家づくりの生命線。小林建設では代々、材料にはこだわりすぎるくらいこだわってきました。いくら見た目のよい家でも、建てた後に腐ったり、カビが発生したりするようでは、お客様は安心して住むことができません。私たち自身がまず、安心できる家を建てたいから、材料選びは慎重に。それが小林の伝統です。

清々しくやさしい家を無垢の木で清々しくやさしい家を無垢の木で清々しくやさしい家を無垢の木で

 

 

interviewインタビュー

VOICE
小林建設が選ばれる理由

小林の「夢ハウス」の木材を扱う
(株)ミヨシ産業 水田 隆之様

夢ハウス仕様の家は重厚感が違います。

この乾燥機に、梁に使う材木なら約3日間、柱なら約5日間入れて、よく乾燥させます。『夢ハウス』グループで使われる木は、プレカットにも時間がかかるので、手間は取りますが、その分しっかりしています。え?なぜ時間がかかるかですか?在来の軸組みに、さらにパネルを貼って強化するため、プレカットも複雑になるからです。そのかわり、上棟の時などに見ると、重厚感が違いますね。建ってしまうと、骨組が隠れるのがもったいないくらい(笑)。

「あらわし」と言って、柱や天井、床などがそのまま見える設計が多いので、施工する大工さんは大変だと思いますよ。小林建設さんには何度かお邪魔していますが、きれいに仕上がっていて、「さすが!」と思いました。

(株)ミヨシ産業 水田 隆之様